『カスクストレングス』って知ってますか?

ウイスキー

ウイスキー好きには常識だけど、

ウイスキーに興味を持ち始めた人 には聞きなれない言葉。

『カスクストレングス』について私の経験を語ります。

 

目次.

  1. カスクストレングスって何?
  2. カスクストレングスについての自論
  3. 最後

 

1.カスクストレングスって何?

 

「カスクストレングス」とググればいくらでも情報が出てきそうですが、

一応簡単にご紹介します。読むのがだるかったらへどうぞ。

 

「カスクストレングス」っていうのは、簡単にいうと、

水で薄めてないウイスキーの事です。

 

通常ウイスキーのアルコール度数は43度か40度であることがほとんどです。
(トリスとかは37度ですけど)

なぜ、どのウイスキーも同じような度数かというと、

水で薄めて度数を一定にしているからです。

 

ウイスキーという蒸留酒は、

蒸留したての透明なウイスキーを

樽にいれて熟成させるのが特徴ですが、

実は樽に入ってるウイスキーの度数って60度前後です。

 

通常、熟成後に樽からウイスキーを出して、ボトルに入れる前に、

水を加えて度数を40前後まで落とすんです。

逆に、そのままの度数でボトルに入れたのが「カスクストレングス」になります。

ちなみに、ツウ向けなのであまり流通してないし、価格も割高です。

「水で薄めた酒は飲めない」と言って、
カクテルなどを飲まない方が私の周りに何名かいるんですが、
「あなたのそのウイスキー(飲み方:ストレート)、ボトリング時点で既に割ってるよ~」
と心の中だけで言ってます(笑)

2.カスクストレングスについての自論

 

あ~なんか余計なもの(贅沢)を知ってしまった…

このフレーズに尽きます。

 

この記事のアイコン画像は、

ラフロイグのカスクストレングスです。

以前、アイラ島に行った時にラグロイグ蒸留所で買ったものです。
現地だと日本の販売価格(4万円)の4分の1以下でした。

ラフロイグ蒸留所 入口

 

カスクストレングスは濃いです。味と香りが。

 

私はテイスティングノートを取って、

「最初はリンゴで始まって、そこから~、最後は軽いピートの余韻が…」

みたいな事のできる、鼻と舌を現在持ち合わせていませんが、

それでも明らかに通常版と違う。この違いは素人にもわかるレベル

 

ストレートでカスクストレングスと通常のボトルを飲み比べると、

カルピスでいうと「原液」と「濃いめの水割り」くらいの差が、

タバコでいうと 14mg と 6mg くらいの差があるのです(私は現在非喫煙者です)

 

わたしはラフロイグが一番好きなウイスキーなのですが、

カスクストレングスを知ってから、通常版を飲むと、

少し薄く感じるようになってしまいました(普通に40度以上あるんですけどね)

あぁ、舌と脳に贅沢を覚えさせてしまった…orz

 

もちろん、それでも私は通常版のラフロイグも大好きです。

たまに飲むと「美味しい」を通り越して「ただいま」

という感情が沸き起こります。

地元に帰って安堵のため息が出るような感覚です。

アイラ大好き♪


3. 最後に

 

ウイスキー好きの戯言という記事になってしまいましたが、

あなたに少しでもプラスになるものがあれば嬉しいです。

 

ちなみに「カスクストレングス」より更にツウよりなものに

「シングルカスク」なんてのもありますが、

こちらは私は未経験エリアです。

 

こんな風に、一つのウイスキーの銘柄だけでも、

たくさん種類がありますから、奥が深いです。

お酒との付き合いは一生もの ですね。

 

飲み続けられる身体でいられるためにも「飲酒はほどほどに」。

以上ありがとうございました!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました