【ウイスキー検定取ったから何なの?】「ウイスキー検定」を受けて変わった事 3つ

ウイスキー

ウイスキー検定を取ったから なんだっていうの?

ただの趣味の資格検定でしょ?

 

ウイスキー検定2級をとった私が、

検定を受ける前後で変わった、知識や考え方を紹介します。

 

< この記事は以下のような方をイメージして書いています >

・ウイスキーが好きで基本的な知識がある

・更に知識をひろげる方法として、ウイスキー検定も少し気になる

 

目次.

  1. ブレンデッドウイスキーへの敬意
  2. ウイスキーは世界の歴史
  3. 無知の

1.ブレンデッドウイスキーへの敬意

 

最近、ウイスキーは日本でも世界でもブームになっています。

山崎や白州などのジャパニーズウイスキーは、

その需要の高さから常に品薄で、

ネットでは定価の数倍で販売されています。

 

最近、よく耳にするウイスキーといえば、

山崎、白州、マッカラン、ボウモアといったシングルモルトウイスキーばかり。

実際私も、アイラ島のシングルモルトが飲みたくて、

現地まで行ってしまった人間なので、魅力があることはよくわかります。

 

そんなシングルモルトがもてはやされている昨今ですが、

一方でブレンデッドウイスキーって軽んじられていませんか?

 

バランタイン セルフ飲み比べ大会

 

ブレンデッドウイスキーとは、

大麦麦芽から作られた「モルトウイスキー」と

それ以外の穀物から作られた「グレーンウイスキー」を

ブレンダーが調合して作ったウイスキーのことで、

 

サントリーのトリス、角、サントリーオールドや、

ジョニーウォーカー、バランタイン、ジェムソン、カナディアンクラブ

など数多くのブランドがあります。


 

モルトより原価が安いグレーンウイスキーを使用する事で、

販売価格を手ごろに出来ることもブレンデッドの良さで、

コンビニに置いてあるウイスキーの大半はブレンデッドです。

 

かくいう私も、今振り返れば、これまで

ブレンデッドをシングルモルトより下に見ていた

要素があったことは否定できません。

 

「シングルモルト」ってなんかカッコいいですしね。
「タリスカー」のボトルとか めちゃカッコいい♪

シングルモルトだと個性の強い銘柄もあるので、

バランスの取れたブレンデッドが

味気なく思う気持ちは、分からなくもありません。

 

だけど、ウイスキー検定で色々と勉強した中で、

ブレンデッドに対する見方は変わりました。

 

いまでこそ「シングルモルト」はもてはやされてますが、

シングルモルトってまだ最近でてきた新人のようなカテゴリーで、

ウイスキーの歴史も販売シェアも、過半数はブレンデッドなんですよね。

 

「水割り」は日本の文化ですが、料理を邪魔しないウイスキーとして、

料理の横に添えられてきたのって、ブレンデッドの水割りなんですよね。

いたずらに自己主張せずに、どんな人とも、どんな料理とも

仲良くできるのがブレンデッドウイスキーなんです。

 

こういった経緯を通して、シングルモルトに浮かれていた私は、

ブレンデッドにもう一回きちんと向き合おうと思うようになりました。

 

「トリス」と「ニッカブラック」を飲み比べ

2.ウイスキーは世界の歴史

 

ウイスキーの勉強をして

こんなに世界史の知識が深まるとは…

 

これは想定外でした。

でもウイスキーの歴史を追いかけて行けば、世界史になってしまうんです。

 

アメリカを例にとれば、、

ヨーロッパにいた人たちがアメリカ大陸に渡ってくる

スコッチ&アイリッシュ系がウイスキーを作りはじめる

1775年:アメリカ独立宣言

1791年:国家財政安定のためにウイスキーに課税

1794年 スコッチ&アイリッシュ系「ふざけんなー!」
ウイスキー戦争勃発

キリがないのでやめますが、

ウイスキー検定の勉強で世界史を学べるとは思っていませんでした。

アメリカの禁酒法時代とカナディアンウイスキー

の話なんかも面白いですね。

 

ウイスキーを知る事は世界の歴史を知る事です。

 

3.無知の知

 

私はもともとウイスキー検定3級に受かれる程度の

知識は持っていましたが、2級に向けて行った勉強した内容は、

知らない事だらけ でした。

  • バーボンウイスキーを作るのに硬水を使う理由
  • 「グレンフィディック」でおなじみのグランド家の家族の絆
  • 「デュワーズ」の色が薄い理由

 

挙げればキリがありませんが、

試験勉強をする前に比べて、知識量は増えました。

そして同時に、自分は何も知らなかったことが良くわかりました。

最近買った書籍 サントリーのチーフブレンダの著作

 

2級をとってもこの気持ちはまったく同じ。

ウイスキーについて知らない事だらけだし、

増えた「知識」に対応できる「経験」も全然足りない

というのが今の私です。

きちんと勉強をしたことがあれば、

「俺はウイスキーを知ってるぞ」

なんていう偉そうな態度にはなりません。

 

ウイスキーは奥の深い世界。

健康に気をつけつつ

一生をかけて向き合っていくつもりです。

 

以上になります。

もしご興味が出たら、

ぜひウイスキー検定を受けてみてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました